抑肝散加陳皮半夏【よくかんさんかちんぴはんげ】の即効性や副作用などについて

抑肝散加陳皮半夏

【おススメタイプ】
精神興奮,不安感,全身倦怠感などの神経症状がある虚弱体質の方。

【特徴】
精神を落ち着かせ、症状を改善します。

【効果】
神経症、不眠症、小児夜泣き、ひきつけ、イライラ、怒りやすい、ホットフラッシュ、まぶたの痙攣、手足の震えなど。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
柴胡(サイコ)釣藤鈎(チョウトウコウ)蒼朮(ソウジュツ)茯苓(ブクリョウ)当帰(トウキ)川きゅう(センキュウ)陳皮(チンピ)半夏(ハンゲ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
情緒への負担をなるべくかけないようにしましょう。

【現場からの意見】

抑肝散よりもだいぶ少ないですが、同じく神経症、不眠症など、情緒が不安定で引き起こした方への処方をみかけます。

抑肝散に陳皮・半夏を加えたものですね。

日常生活で、イラッときたり、気が高ぶって眠れなかったり、緊張で体がこわばったり、の症状はないですか?

そのような症状に対し、神経の高ぶりを抑え、気分を落ち着かせてくれます。

抑肝散と比べると、より体力が低下し、症状が慢性化している方に用いることが多いです。

また、抑肝散加陳皮半夏は強いストレスには即効性はありませんが、精神的原因の吐き気には良く効きます。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする