抑肝散【よくかんさん】の効果や不眠症への効能そして知っておきたい副作用などについて

抑肝散

【おススメタイプ】
イライラしたり、歯ぎしりしたり、不眠の方。

【特徴】
精神を落ち着かせ、症状を改善します。

【効果】
神経症、不眠症、小児夜泣き、ひきつけ、など

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
柴胡(サイコ)釣藤鈎(チョウトウコウ)茯苓(ブクリョウ)当帰(トウキ)白朮(ビャクジュツ)川きゅう(センキュウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
情緒への負担をなるべくかけないようにしましょう。

【処方現場からの意見】
よくかんさん
処方の場では、神経症、不眠症など、情緒が不安定で引き起こした症状に多くみかけます。

元々、乳幼児のひきつけ、夜泣き、歯ぎしりなどに対して用いられていたものです。

日常生活で、イラッときたり、気が高ぶって眠れなかったり、緊張で体がこわばったり、の症状はないですか?

そのような症状に対し、神経の高ぶりを抑え、気分を落ち着かせてくれます。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする