通導散の効能や副作用について

通導散

【おススメタイプ】
血の巡りが悪く赤ら顔で、便秘、生理不順、肥満で悩みの方。

【特徴】
血の巡りを良くし、ホルモンバランスを整え、不快な気分も改善してくれます。

【効果】
比較的体力があり下腹部に圧痛があって便秘しがちなものの次の諸症:月経不順、月経痛、更年期障害、腰痛、便秘、打ち身(打撲)、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
枳実(キジツ)大黄(ダイオウ)当帰(トウキ)紅花(コウカ)蘇木(ソボク)陳皮(チンピ)木通(モクツウ)甘草(カンゾウ) 芒硝(ボウショウ)厚朴(コウボク)

【アドバイス】
適度な運動を心がけましょう。

【現場からの意見】
つうどうさん

運動不足や、不摂生で、血の巡りやエネルギーも巡りが悪くなり上記のような症状を引き起こした方に用いられます。

血の巡りが悪くなると、頭痛、肩こり、生理痛などがおき、エネルギーも巡りが悪くなると、お腹の張り、胸が苦しい、便秘などの症状が現れます。

この漢方薬は、血の巡りを改善する効果が非常にあり、循環器疾患や婦人科疾患に応用されており、また、この漢方薬が合う方は肥満症の方も多く、メタボリックシンドロームに伴う随伴症状にも用いられています。

また、癌を予防を兼ねて便秘を解消したい方や、癌の方の便秘にも用いられたりもしています。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

また、大黄(子宮収縮作用や骨盤内臓器の血の流れよくする)紅花(血の流れを良くする)、芒硝(子宮収縮作用)も入っており、妊娠中の方は使用しないほうが望ましくあります。(早期流産の可能性)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする