当帰芍薬散【とうきしゃくやくさん】は太るのか妊娠中でも飲めるのかなど効果について

当帰芍薬散

【おススメタイプ】
貧血、更年期障害、月経不順、不妊症等でお悩みの方。

【特徴】
体を温め、血のめぐりを良くして、貧血や痛み、ホルモンバランスなどを整えます。

【効果】
疲労しやすい方、腰脚の冷えやすい方、顔色が悪い、皮膚につやがない、貧血、倦怠感、更年期障害(頭重、頭痛、めまい、肩こり等)、月経不順、月経困難、不妊症、妊娠中の諸病(浮腫、習慣性流産、痔、腹痛)、脚気、半身不髄など

【飲み方】
1日3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
防已(ボウイ)黄耆(オウギ)蒼朮(ソウジュツ)または白朮(ビャクジュツ)生姜(ショウキョウ)大棗(タイソウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】冷飲食は控えましょう。

【処方現場からの意見】
とうきしゃくやくさん
女性の方によく処方されています。血のめぐりが改善され、顔色が良くなられる患者様も多くいらっしゃいます。

冷えの症状がある方におススメです。

ただ、熱がある方は用いません。子宮内膜症や腫瘍、肝炎、などの体内が炎症していて熱や毒性がある方には増悪してしまう恐れがあるため、

もし、どうしても使わなければいけないのでしたら、慎重に用いたほうが良いと思います。

不妊症に関しては、私見ですが、漢方専門薬局の漢方のほうが上を行くと感じます。

はっきりとしたタイプもわかりますし、西洋医学の良い部分と、東洋医学の良い部分、双方のメリットを活かせる薬局様で相談されたほうが近道かもです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする