当帰湯の効能について説明します

当帰湯

【おススメタイプ】
体力が低下した方で、血の巡りが悪く、冷え症で胸から背中にかけて痛みがある方。

【特徴】
血の巡りを良くし、体を温め、痛みを和らげます。

【効果】
背中に寒冷を覚え、腹部膨満感や腹痛のあるもの

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
当帰(トウキ)桂皮(ケイヒ)芍薬(シャクヤク)半夏(ハンゲ)厚朴(コウボク)人参(ニンジン)黄耆(オウギ)山椒(サンショウ)乾姜(カンキョウ)甘草(カンゾウ)
・アドバイス お菓子などの甘いものや、果物、生野菜、清涼飲料水など、体を冷やすものの摂り過ぎに注意しましょう。

【現場からの意見】
とうきとう
虚弱体質で冷え症を伴い血の巡りが悪い方の、腹から胸にかけて突き上げ、背中に抜けるような痛みや肋間神経痛などに使われる漢方薬です。

この「当帰湯」の構成生薬中には、「大建中湯」を含んでいるので、冷え、腹部膨満、腹痛などの症状改善も含みます。

狭心症にもよく効いた例もあります。

階段や坂を上がると胸苦しく、動悸や息切れが起こる方で、たまに痛みも起こり病院で狭心症診断された方が、この漢方薬を服用し、発作が消失したとのことでした。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする