当帰建中湯の効能について説明します

当帰建中湯

【おススメタイプ】
体力が低下し、疲れやすく、顔色が悪く、冷え症などある人。

【特徴】
体を温め、痛みを取り除きます。

【効果】
疲労しやすく、血色のすぐれないものの次の諸症:月経痛、下腹部痛、痔、脱肛の痛み

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
当帰(トウキ)桂皮(ケイヒ)芍薬(シャクヤク)生姜(ショウキョウ)大棗(タイソウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
お菓子などの甘いものや、果物、生野菜、清涼飲料水など、体を冷やすものは控えましょう。

【現場からの意見】
とうきけんちゅうとう

婦人科疾患に良く用いられ、下腹部痛、腰の痛みを和らげます。「小建中湯(しょうけんちゅうとう)」に当帰(トウキ)を加えた処方です。

当帰(トウキ)は、体を温め、血を補い、血の巡りを良くする働きがあるので、「小建中湯(しょうけんちゅうとう)」タイプより、さらに血が不足し、血の巡りが悪くなっているタイプに用いられる漢方薬です。

生理が終わった後も腹痛が続いたり、生理の最後の方に痛みが強くなる人におススメです。

応用として、子宮出血、生理不順、産後の腹痛、坐骨神経痛、不妊症などにも用いられます。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする