疎経活血湯の効能について知っておこう

疎経活血湯

【おススメタイプ】
新陳代謝が落ちていて、血や水分の巡りが悪く、神経痛などの痛みがある方

【特徴】
血や水分の巡りを改善し、また痛みを発散して治します。

【効果】
関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
当帰(トウキ)川きゅう(センキュウ)芍薬(シャクヤク)地黄(ジオウ)蒼朮(ソウジュツ)茯苓(ブクリョウ)桃仁(トウニン)牛膝(ゴシツ)陳皮(チンピ)防己(ボウイ)防風(ボウフウ)竜胆(リュウタン)白し(ビャクシ)生姜(ショウキョウ)威霊仙(イレイセン)羌活(キョウカツ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
冷飲食は控えましょう。

【現場からの意見】
そけいかっけつとう
現場での処方はほとんど見かけませんが、坐骨神経痛の方がこれを飲んで良かったと言われていました。

配合もそんなに強くなく、若い人から高齢者まで幅広く使いやすい方剤です。

節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛で悩まれている方は、痛むあまり、鎮痛剤を毎日服用している方も多く、それが逆に体内で新陳代謝を悪くし、活性酸素を増加させ、痛みを悪化させてしまうこともあります。

この漢方薬は、血と水分の巡りを良くし、その結果、老廃物が除去され、新陳代謝を促進し、痛みを和らげてくれます。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

また、生薬に桃仁(血の塊を除去する作用)、牛膝(血の塊を除去する作用)が入っており、妊娠中の方は使用しないほうが望ましくあります。(早期流産の可能性)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする