小青竜湯【しょうせいりゅうとう】の飲み方と花粉症や風邪に咳への効果と妊娠中の服用について

小青竜湯

【おススメタイプ】
鼻風邪、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、気管支喘息、花粉症の方。

【特徴】
カゼのひき始めなどで、クシャミや水っぽい鼻水がたくさんでるときによく使われます。

【効果】
水様の鼻汁、鼻閉、くしゃみ、喘鳴、咳嗽、気管支喘息、鼻炎、アレルギ-性鼻炎、アレルギ-性結膜炎、気管支炎など

【飲み方】
1日3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
麻黄(マオウ)桂皮(ケイヒ)芍薬(シャクヤク)半夏(ハンゲ)五味子(ゴミシ)細辛(サイシン)乾姜(カンキョウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
胃腸の調子の悪い人、暑がりで発汗の多い人には向きません。

【処方現場からの意見】
処方現場からの意見
鼻風邪の処方では一番多く見ます。西洋医学では気管支拡張作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用などが認められており、

幅広く使われています。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。

また、交感神経興奮作用がある麻黄がはいっているので、他に飲んでいるお薬などで交感神経興奮作用のあるお薬との併用に関しては慎重に用いたほうが良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする