升麻葛根湯【しょうまかっこんとう】の効果や副作用について全て解説します

升麻葛根湯

【おススメタイプ】
風邪の引き始め、発熱、頭痛、咽頭痛、皮膚炎の方。

【特徴】
体の悪いエネルギーを出し、炎症を抑え、症状を改善します。

【効果】
風邪の初期、皮膚炎など。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
升麻(ショウマ)葛根(カッコン)芍薬(シャクヤク)甘草(カンゾウ)生姜(ショウキョウ)

【アドバイス】
皮膚炎は発疹が出ていないか、十分に出ていないものに用います。

【現場からの意見】

頻度は多くないですが、皮膚炎の方、頭痛の症状が強い風邪の初期の方への処方をみます。

イメージとして、この漢方薬が合う方は、体の表面が閉じてしまい、中の悪いエネルギーが外に出れず、炎症を起こしています。

なので、その表面を開放してあげることで中に溜まった悪いエネルギーを出してあげます。

特にこの、升麻(ショウマ)は熱を抑え、毒素を出し、痛みを止める作用があり、麻疹(はしか)などで発疹の出ないのを出させる作用もあります。

ポイントは、発疹が不十分のとき(中の悪いエネルギーを出し切れていない)に用い、順調に発疹し、熱が退いている場合には用いません。

また、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする