真武湯【しんぶとう】の副作用や効果はどんなことがあるかを公開します

真武湯

【おススメタイプ】
尿量減少、浮腫、冷え、寒がる、めまい、四肢のだるさなどの症状がある方。

【特徴】
体を温め、水分代謝を良くし、症状を改善します。

【効果】
冷え、尿量減少、めまい、動悸、高血圧、消化不良、胃腸疾患、四肢のだるさなど。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
附子(ブシ)茯苓(ブクリョウ)白朮(ビャクジュツ)芍薬(シャクヤク)生姜(ショウキョウ)

【アドバイス】
冷飲食は控えましょう。生野菜や果物も体を冷やします。

【処方現場からの意見】
しんぶとう
冷えが強い方への処方が多いです。

この漢方が合う方は体を温めるエネルギーが不足し、体が冷えています。

そのため、水分を熱で気化することができず、体内に水分がたまった状態です。

この漢方薬は、温める力が強く、体の芯から温めてくれ、水分代謝もよくします。

中に入っている附子(原薬トリカブト)は体を温め、水分代謝を良くし、痛みをとってくれるのですが、副作用で毒性(痺れなど)があるので、、と心配される方がいらっしゃいます。

しかし、日本で使用する附子は減毒処理がされていますので心配はほとんどありません。

1日量附子1g程になったら温める力が強かったりで便秘になる方がいるかもです。

ただ、妊娠または妊娠している可能性のある方は副作用があらわれやすくなりますので、使用しないほうが望ましくあります。

飲食に関してですが、水分の取りすぎや、体を冷やす飲み物、食べ物にはご注意ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする