四君子湯【しくんしとう】は通販などで市販されているのかそして効果はどうなのかについて

四君子湯

【おススメタイプ】
体力が低下した方で、疲れやすい、胃腸の調子がすぐれない方。

【特徴】
エネルギーを補給し、水分代謝を良くし、胃腸の調子を良くします。

【効果】
胃腸虚弱、疲れやすい、四肢の無力感など。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
白朮(ビャクジュツ)茯苓(ブクリョウ)人参(ニンジン)甘草(カンゾウ)生姜(ショウキョウ)大棗(タイソウ)

【アドバイス】
胃腸への負担をかける暴飲暴食は控えましょう。

【現場からの意見】

痩せて、元気がなく、胃腸の調子がすぐれない方への処方ででます。

胃腸の機能を高め、消化、食欲を改善してくれます。

胃腸虚弱で胃腸のエネルギー不足の方は、食後に眠くなったり、だるくなったりの症状がでます。

この漢方薬はこの胃腸のエネルギー不足で様々な症状を起こされている方への基本処方です。

例えば、胃腸のエネルギー不足プラス、冷えが強かったり、湿性が強かったりしたときは、この基本の四君子湯にプラスの症状を改善する生薬を追加して使ったりします。(六君子湯など)

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする