四逆散【しぎゃくさん】はストレスや自律神経失調症などにどのような効果や副作用があるか

四逆散

【おススメタイプ】
自律神経失調などによるイライラ、不眠、肩こり、憂鬱感がある方など。

【特徴】
炎症を押さえ、精神を落ち着かせ、痛みをとり、症状を改善します。

【効果】
神経質、胃炎、胆石症、不眠、自律神経失調症、四肢の冷えなど。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
柴胡(サイコ)枳実(キジツ)芍薬(シャクヤク)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
情緒への負担をなるべくかけないようにしましょう。

【処方現場からの意見】
しぎゃくさん
頻度は低いですが、自律神経失調のかたへの処方を見かけたことがあります。

その方は、イライラと不眠の症状が大きく、胸部の張りもあられたのですが、こちらを飲んで症状がだいぶ改善されました。

この漢方が合う方は、炎症が内部で起こっているにもかかわらず、四肢が冷えているといった、内部に熱が悶々と溜まって巡っていないイメージの方です。

だから、胸部の張りや、不眠、イライラなどの症状が出たりします。

この漢方薬は、その巡りを良くする事で、炎症を押され、精神を落ち着かせ、痛みをとっていきます。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする