清心蓮子飲の効能や副作用について

清心蓮子飲

【おススメタイプ】
普段から胃腸虚弱で体力が低下した方で、排尿痛、残尿感、排尿困難などある方。冷え症で神経質の方が多い。

【特徴】
尿道の腫れや痛みを取り除き、尿の出も良くします。また、神経症状も和らげます。

【効果】
全身倦怠感があり、口や舌が乾き、尿が出しぶるものの次の諸症:残尿感、頻尿、排尿痛

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
黄ごん(オウゴン)麦門冬(バクモンドウ)茯苓(ブクリョウ)車前子(シャゼンシ)人參(ニンジン)黄耆(オウギ)甘草(カンゾウ)蓮肉(レンニク)地骨皮(ジコッピ)

【アドバイス】
お菓子などの甘いものや、果物、生野菜、清涼飲料水など、体を冷やすものの摂り過ぎに注意しましょう。

【現場からの意見】
せいしんれんしいん

胃腸の弱いタイプで、食欲不振で、体を動かしたり、疲れたりすると尿の出が悪くなったり、残尿感が出たりする人に使われる漢方薬です。

他にも、尿の出を改善する漢方薬としては、「八味丸(ハチミガン)」や「猪苓湯(チョレイトウ)」などがありますが、この漢方薬が合う方は、「八味丸(ハチミガン)」のように「地黄(ジオウ)」が入っているものは胃腸が弱くてのめず、「猪苓湯(チョレイトウ)」のタイプほどの強い熱の症状がありません。

応用として、女性のおりものが多い場合、慢性腎盂炎、慢性膀胱炎、神経症などにも用いられています。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする