清上防風湯【せいじょうぼうふうとう】ニキビや炎症などへの効果や好転反応などについて

清上防風湯

【おススメタイプ】
体力あるかたで、のぼせやすかったり、便秘気味で発赤、腫脹、化膿などあるかた。

【特徴】
熱や炎症を取り、症状を改善します。

【効果】
にきび、湿疹、皮膚炎、中耳炎など

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
防風(ボウフウ)薄荷(ハッカ)荊芥(ケイガイ)連翹(レンギョウ)黄連(オウレン)黄ごん(オウゴン)山梔子(サンシシ)桔梗(キキョウ)川きゅう(センキュウ)白シ(ビャクシ)枳実(キジツ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
甘いものは控えましょう。

【処方現場からの意見】

ニキビに処方されます。

効果的なのは、思春期の充血したニキビや、化膿したニキビです。

タイプがあえば、飲み始めたあたりは炎症を抑え、排膿してくれるので効果がありますが、体質を改善する効果は期待できません。

体力がない、エネルギー不足の方は、エネルギーがさらに奪われることになるので、長期服用はしません。

荊芥連翹湯もニキビに使われます。

違いは、荊芥連翹湯は思春期ニキビへの効果よりも、オイル肌の赤み痒みを伴ったニキビ向けです。

また、荊芥連翹湯は体質を改善する効果も期待できます。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする