酸棗仁湯【さんそうにんとう】うつや不眠に自律神経失調症などへの効果と飲み方について

酸棗仁湯

【おススメタイプ】
不眠、夢が多い、よく目が覚める、頭のふらつき、めまいなどある方。

【特徴】
神経の緊張をほぐし、眠りをよくします。

【効果】
神経が緊張した、不眠症など。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
酸棗仁(サンソウニン)知母( チモ)茯苓(ブクリョウ)川きゅう(センキュウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
情緒への負担をなるべくかけないようにしましょう。

【処方現場からの意見】
さんそうにんとう
不眠症の方によく処方されています。熱を冷やしてくれ、高ぶった気をしずめ、緊張をほぐしてくれます。

この漢方が合う方は、内部に熱がたまっていて、中に水分を蓄えることが出来なくなり、寝ているときに汗を生じている(寝汗)方もいらっしゃいます。

また、血が不足し、頭に血の補給が追いつかず、ふらつき、めまいなど引き起こしている方に対しては、血を補給する作用で改善します。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする