柴胡桂枝湯【さいこけいしとう】の効能と自律神経やストレスへの効果などについて

柴胡桂枝湯

【おススメタイプ】
少し悪寒があり、発熱し、さらに少しの吐き気があったりと胸の所が気持ち悪い方。

【特徴】
体の熱や炎症を抑え、痛みを引かせます。

【効果】
風邪、熱性疾患、胃潰瘍、胆石、肝機能障害、口が苦い、食欲不振など。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
柴胡(サイコ)桂皮(ケイヒ)黄ごん(オウゴン)半夏(ハンゲ)芍薬(シャクヤク)人参(ニンジン)甘草(カンゾウ)生姜(ショウキョウ)大棗(タイソウ)

【アドバイス】
情緒への負担をなるべくかけないようにしましょう。

【処方現場からの意見】
さいこけいしとう
小柴胡湯と桂枝湯を半量ずつ合わせたものです。

風邪をこじらして、少し長引いてるかたに処方をみかけます。

こちらは、悪寒はありますが葛根湯麻黄湯と違い、自然発汗あるタイプに使うことが多いです。

この漢方が合う方は、ストレス、緊張で胃に負担がかかり、胃の血流が悪くなり、腹痛、吐き気や食欲不振など様々な症状を引き起こしたりされます。

それを、神経の症状を改善したり、肝臓の解毒を高めたり、炎症を抑えたり、体力をつけたり、痛みをとる生薬で改善していきます。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする