竜胆瀉肝湯【りゅうたんしゃかんとう】膀胱炎やカンジダなどへの効果や副作用はあるのか

竜胆瀉肝湯

【おススメタイプ】
体力のある方で、泌尿器、生殖器などの炎症があり、調子が悪い方。

【特徴】
泌尿器、生殖器の炎症を冷まし、尿の出を良くし、症状を改善します。

【効果】
排尿痛、残尿感、頻尿、尿のにごり、泌尿器生殖器の炎症性疾患など。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
竜胆(リュウタン)黄ごん(オウゴン)山梔子(サンシシ)木通(モクツウ)車前子(シャゼンシ)沢瀉(タクシャ)当帰(トウキ)地黄(ジオウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
胃腸が弱い方には合いません。

【現場からの意見】

泌尿器科からたまに処方されています。

排尿痛、残尿感などに使う猪苓湯と似ていますね。

使い分けは、竜胆瀉肝湯は排尿痛が強い方におススメです。

炎症を抑える力が強く、尿の出を良くし、細菌の排出を促します。

変わって、猪苓湯は、頻尿、残尿感などの訴えが強いときにおススメです。

同じく、尿の出を良くし、細菌の排出を促すのですが、こちらは膀胱粘膜を保護してくれる作用もあります。

ただ、この竜胆瀉肝湯は胃腸が弱く冷え性の方は、長期使用すると胃腸障害が出る恐れがありますので注意が必要です。

また、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする