苓桂朮甘湯【りょうけいじゅつかんとう】の効果や副作用について詳しく説明します

苓桂朮甘湯

【おススメタイプ】
尿量が減少したり、水分代謝が悪くめまい、ふらつき、動悸がある方。

【特徴】
水分代謝を良くし、症状を改善します。

【効果】
めまい、動悸、胸が張る、頭痛など。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
茯苓(ブクリョウ)白朮(ビャクジュツ)桂皮(ケイヒ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
水分の取りすぎに注意しましょう。

【処方現場からの意見】

めまい、立ちくらみの方への処方を見かけます。

水分の巡りが悪く、停滞して、水毒となった状態を、巡りを良くし、改善します。

日ごろ、水分の取りすぎで、胃がチャポチャポいう方に良く効きます。

半夏白朮天麻湯と似ていると感じるかもしれません。

両方とも水毒によるめまいなどを改善しますが、半夏白朮天麻湯は胃腸虚弱、胃腸の冷えを伴った方に良いと思います。

やわらかい処方で長期服用は問題ありませんが、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする