苓甘姜味辛夏仁湯の効果や副作用について

苓甘姜味辛夏仁湯

【おススメタイプ】
冷え症で貧血症状があり、咳、痰、鼻水が出る人。

【特徴】
胃腸に優しい、鼻炎、咳、痰に良い処方です。

【効果】
貧血、冷え症で喘鳴を伴う喀痰の多い咳嗽があるもの:気管支炎、気管支喘息、心臓衰弱、腎臓病

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
杏仁(キョウニン)半夏(ハンゲ)五味子(ゴミシ)細辛(サイシン)茯苓(ブクリョウ)乾姜(カンキョウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
水分代謝が悪くなっているので、水分の取り過ぎに注意しましょう。

【現場からの意見】
りょうかんきょうみしんげにんとう

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」と似た症状の人に用いられるのですが、胃腸虚弱で、冷え症で、血が不足したタイプに用いられます。

体内は、水分代謝が悪くなっており、浮腫など発生することもあります。

浮腫を治すのには麻黄(マオウ)が入った漢方薬を使ったりするのですが、血が不足し、痺れなどもある場合は「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」などの麻黄(マオウ)が入った漢方薬は、発汗させ過ぎてしまい手足が冷え、ショックを起こす恐れがあるので用いません。

また、麻黄(マオウ)は胃腸にも負担をかけてしまうので、胃腸虚弱の人は控えたほうが良いです。

そこで、麻黄(マオウ)を使わずに、水分代謝を改善し、咳や浮腫を治し、胃腸への負担も優しい杏仁(キョウニン)を用いたのがこの「苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)です。

上記以外の症状では、動悸、息切れ、などにも使われたりします。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする