六君子湯【りっくんしとう】の飲み方や効果について詳しく解説します

六君子湯

【おススメタイプ】
元気が無い、疲れやすい、消化が悪い、胃がチャポチャポ鳴る、多痰、泥状~水様便。

【特徴】
胃腸の調子を整え、水分代謝をよくします。

【効果】
疲れやすい、貧血、冷え性、胃炎、胃下垂、胃潰瘍、消化不良など。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
白朮(ビャクジュツ)茯苓(ブクリョウ)人参(ニンジン)半夏(ハンゲ)陳皮(チンピ)大棗(タイソウ)生姜(ショウキョウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
りっくんしとう
胃腸が弱っていますので、暴飲暴食を避けた負担をかけない飲食がおすすめです。

【処方現場からの意見】
胃腸の調子が悪く、元気が出ない方によく処方されます。

胃腸の働きを良くする生薬や、エネルギーを補給する生薬が含まれています。

また、吐き気を止めたり、痰を除いたり、咳を止める生薬も含まれています。

幅広い方に使われています。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする