黄連湯の効能を説明します

黄連湯

【おススメタイプ】
胃に停滞感や重圧感があり、食欲減退、腹痛、嘔吐、悪心、口臭などある人。

【特徴
胃腸機能を回復させ、症状を改善します。

【効果】
胃部の停滞感や重圧感、食欲不振のあるものの次の諸症:急性胃炎、二日酔、口内炎

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
黄連(オウレン)半夏(ハンゲ)人参(ニンジン)甘草(カンゾウ)桂皮(ケイヒ)乾姜(カンキョウ)大棗(タイソウ)

【アドバイス】
胃腸に負担をかける飲食は控えましょう。

【現場からの意見】
オウレントウオウレントウ

胃腸障害によって消化不良の傾向があり、上記のような様々な症状を引き起こしている人に良い漢方薬です。苦味があります。

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)」の効果に似ていますが、「黄連湯(おうれんとう)」は症状が激しい場合に用いられることが多いです。

応用としては、胆石症、急性虫垂炎の初期、二日酔いなどにも用いられます。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

また、症状を悪化する恐れがあるため、アルドステロン症、ミオパシー(筋肉の疾患)、低カリウム血症の方へは用いることができません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする