黄耆建中湯の効能について知っておこう

黄耆建中湯

【おススメタイプ】
体力が低下し、疲労倦怠感が激しく、寝汗などある人。

【特徴】
体へのエネルギーを補給し、胃腸の調子も改善ます。

【効果】
身体虚弱で疲労しやすいものの次の諸症:虚弱体質、病後の衰弱、ねあせ

【飲み方】
1日2~3回、1回2包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
黄耆(オウギ)桂皮(ケイヒ)芍薬(シャクヤク)生姜(ショウキョウ)大棗(タイソウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
お菓子などの甘いものや清涼飲料や水分の摂りすぎなどを控え、根菜類、味噌、醤油、天然の塩などを日頃から摂りましょう。

【現場からの意見】
おうぎけんちゅうとう
体へのエネルギーを補給し、胃腸、呼吸器、皮膚を強くする働きを持ち、皮膚の開け閉めをしっかりできるように改善していってくれます。(寝汗など勝手に汗をかく症状を改善。

汗と一緒に体のエネルギーも一緒に出ていってしまうので疲労倦怠が激しくなります)。

また、皮膚にも栄養がいくようになり、肌荒れなどの改善も見込めます。

小建中湯(しょうけんちゅうとう)」に黄耆(オウギ)を追加した処方です。

すなわち「小建中湯(しょうけんちゅうとう)」よりさらに疲労倦怠感が強かったり、昼間に汗を異常にかいたり、寝汗などの症状が激しいタイプに使われます。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする