人参養栄湯の効能や副作用について

人参養栄湯

【おススメタイプ】
慢性疾患で、体力が低下し、顔色が悪かったり、食欲が無い方。

【特徴】
体を温め、栄養を補います。

【効果】
病後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
人参(ニンジン)黄耆(オウギ)当帰(トウキ)地黄(ジオウ)白朮(ビャクジュツ)茯苓(ブクリョウ)芍薬(シャクヤク)桂皮(ケイヒ)陳皮(チンピ)遠志(オンジ)五味子(ゴミシ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
生活習慣を見直し、適度な運動と、食生活の改善(冷飲食や甘いものを控える)を心がけましょう。

【現場からの意見】
にんじんようえいとう

胃腸や呼吸器の調子を改善し、血やエネルギーの巡りを良くする処方です。

病後で体力が低下した時によく用いられ、「補中益気湯」や「小柴胡湯」を用いても微熱、悪寒、咳がとれず、食欲不振もある方に良いと言われます。

また、体力低下時のなかなかとれない咳にもおススメです。

この漢方薬が合う方は、便秘される方も多いですが、便は硬くなく、軟いことが多いです。

それゆえ、体力が低下した方や虚弱な高齢者の便秘にも応用されています。

また、「人参」や「桂皮」など温める生薬が入っているので、顔面が赤くほってたり、血圧もやや高い人には、症状を悪化する恐れがあるため慎重に用いた方がよいでしょう。

さらに、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする