人参湯【にんじんとう】の効果や副作用について知りたいコトはコチラ

人参湯

【おススメタイプ】
食欲不振、腹の鈍痛があり温めたりおさえたりで改善、四肢の冷え、元気がない、鼻出血、血便の方など。

【特徴】
胃腸の働きを良くし、また、血が脈外に漏れ出たり、エネルギー不足を改善。

【効果】
体力低下、冷え、食欲不振、など。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
人参(ニンジン)蒼朮(ソウジュツ)または白朮(ビャクジュツ)乾姜(カンキョウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
冷飲食は控えましょう。

【処方現場からの意見】
にんじんとう
虚弱体質で、元気が無かったり、食欲不振の方への処方をよく見かけます。

温めたり、手で押さえるとエネルギーと血が巡って、痛みが楽になる方も多いですね。

消化器系が冷えて、働きが悪くなるので、栄養も吸収できず、上記のような症状が起こっています。これを飲んで温めましょう。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする