麻杏よく甘湯の特徴や効能について

麻杏よく甘湯

【おススメタイプ】
皮膚や筋肉の栄養が悪く、ハリやツヤがなく、腫れや痛みがある方。

【特徴】
体の痛み、腫れ、炎症を発散させ症状を改善します。

【効果】
関節痛、神経痛、筋肉痛

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
麻黄(マオウ)杏仁(キョウニン)よく苡仁(ヨクイニン)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
体を冷やさないように注意しましょう。

【現場からの意見】
マキョウヨクカントウ

現場での処方はほとんどみかけませんが、リウマチ性の痛みなどに使われる漢方薬です。

急性の症状よりやや緩やかな症状に適しています。

血行を良くし、病毒を追い出し、痛みを緩和してくれます。

この漢方が合う方は、冷えが原因で筋肉痛や関節痛、神経痛を訴え、皮膚が乾燥して、ツヤが無いことが多く、頭のふけも多かったりします。

麻痺感があり、関節の屈伸が不自由な時は「桂枝加朮附湯」が適しています。

また、水太りの関節痛には「防已黄耆湯」がおススメです。

症状に応じて合わせて使われたりもします。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

また、交感神経興奮作用(心拍数増加、発汗、血圧上昇など)がある麻黄がはいっているので、他に飲んでいるお薬などで交感神経興奮作用のあるお薬との併用に関しては慎重に用いたほうが良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする