桔梗湯【ききょうとう】の正しいうがいと飲み方に喉への効果などについて知っておきたいポイント

桔梗湯

【おススメタイプ】
扁桃炎などで喉が腫れて痛む方。

【特徴】
喉が腫れて赤くなり、痛い症状を改善します。

【効果】
扁桃炎などの咽喉が腫れた炎症。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
桔梗(キキョウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
咽喉が炎症を起こし、熱を持った状態です。辛い食べ物はさらに炎症が悪化する恐れがあるので控えましょう。

【処方現場からの意見】
ききょうとう
扁桃炎などで喉の痛みが激しい方によく処方されます。

膿を出してくれ痰を鎮め、咳を止める桔梗と、炎症を沈め解毒し、痛みを緩和してくれる甘草の配合です。

桔梗湯を溶かした液で患部を直接潤わせながらゆっくり飲んだり、しばらくうがいしをし、潤しながらゴックンと飲むのがポイントです。

長期連用することは少ないです。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする