桂枝加朮附湯の効能について知りたいコト

桂枝加朮附湯

【おススメタイプ】
体力あまりなく、冷え症で、関節痛や神経痛でお悩みの方。

【特徴】
体を温め、痛みを発散してくれます。

【効果】
関節痛、神経痛

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
桂皮(ケイヒ)芍薬(シャクヤク)蒼朮(ソウジュツ)附子(ブシ)生姜(ショウキョウ)大棗(タイソウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
冷飲食は控えましょう。

【現場からの意見】
けいしかじゅつぶとう
処方の場ではあまりみかけません。体を温め、新陳代謝を高め、血と水の巡りを改善してくれます。

体に不要な水分(水毒)がたまり冷えによって症状が悪くなる方の、四肢関節の痛み、腫れ、浮腫、筋肉痛、神経痛、しびれ感などに用いられます。

また、帯状疱疹後の神経痛にも利用して改善効果がみられたとの報告もあります。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする