桂枝加芍薬湯【けいしかしゃくやくとう】過敏性腸症候群や自律神経への効能はどうなっているのか

桂枝加芍薬湯

【おススメタイプ】
お腹が張って、拘攣して腹痛がある方。

【特徴】
胃腸の調子を改善し、お腹の痛みを止めます。

【効果】
お腹が張った腹痛、残便感など。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
桂皮(ケイヒ)芍薬(シャクヤク)生姜(ショウキョウ)大棗(タイソウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
果物、生野菜、砂糖など、体を冷やす食べ物は控えましょう。

【処方現場からの意見】

過敏性腸症候群(ストレスなどで腹痛、便秘や下痢を引き起こす疾患)の方へ処方されたりします。

体を温め、お腹の痛みを和らげ、腸の炎症を改善します。

どちらかというと対症療法的な処方です。体質改善なら、六君子湯など胃腸を強化する漢方薬の併用も良いと思います。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする