桂枝加芍薬大黄湯の口コミの真実や効能について

桂枝加芍薬大黄湯

【おススメタイプ】
体力が低下し、お腹の張り、腹痛があり、便秘の人。便意はあるが、すっきり出ないタイプ。

【特徴】
便通をよくし、お腹の張りや腹痛を改善します。

【効果】
比較的体力のない人で、腹部膨満し、腸内の停滞感あるいは腹痛などを伴なうものの次の諸症:①急性腸炎、大腸カタル、②常習便秘、宿便、しぶり腹

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
芍薬(シャクヤク)桂皮(ケイヒ)大棗(タイソウ)甘草(カンゾウ) 大黄(ダイオウ)生姜(ショウキョウ)

【アドバイス】
お菓子などの甘いものを控え、バランスの良い食事し、適度な運動を心がけましょう。

【現場からの意見】
けいしかしゃくやくだいおうとう

桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)」に大黄(ダイオウ)を加えた処方です。

「桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)」は、お腹が張った腹痛で残便感があるタイプに用いましたが、この漢方薬はさらに、便秘や残便感の訴えが強い場合に用います。

その他にも、痔、虫垂炎、慢性腸炎、術後の便秘などにも応用されることもあります。

ただ、甘草が入っており、こちらをに取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

また、生薬に大黄(子宮収縮作用や骨盤内臓器の血の流れよくする)が入っており、妊娠中の方は使用しないほうが望ましくあります。(早期流産の可能性)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする