桂枝加竜骨牡蛎湯の特徴についてまとめ

桂枝加竜骨牡蛎湯

【おススメタイプ】
足が冷えてのぼせる方、夢を良く見たり、悩みやすく考えすぎる方へ。

【特徴】
精神的な疲れを取ってくれ、様々な症状を改善します。

【効果】
精神不安、インポテンツ、精力減退、疲労、手足の冷え、神経衰弱、不眠、動悸、小児夜尿症など

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
桂皮(ケイヒ)竜骨( リュウコツ)牡蛎(ボレイ)芍薬(シャクヤク)生姜(ショウキョウ)大棗(タイソウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
情緒に負担をなるべくかけないようにしましょう。

【現場からの意見】
けいしかりゅうこつぼれいとう
処方の場では、たまに、神経が疲れて眠れない方への処方をみかけます。

桂枝湯に竜骨と牡蛎を加えたものです。

この漢方薬が合う方は、思考が止まらず、神経が衰弱し精神不安、動悸などの症状を起こしやすい方です。

思考しるぎると睡眠も浅くなり、途中で覚醒したり、夢を良く見たりします。

考えすぎるストレスですね。現代ではわりかし多いですか。

そのストレスからくる上記の効果を改善してくれます。

また、受験勉強で頑張っている学生さん(考えすぎてストレス多い)が使うと、疲労回復が早く、勉強がよくできるようになった例もあります。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする