啓脾湯の副作用や効能など

啓脾湯

【おススメタイプ】
体力が低下し、顔色が良くなく(貧血気味)、下痢の人。食欲不振、嘔吐、腹痛など伴うことも多い。

【特徴】
胃腸の働きを改善し、消化を良くします。

【効果】
やせて、顔色が悪く、食欲がなく、下痢の傾向があるものの次の諸症:胃腸虚弱、慢性胃腸炎、消化不良、下痢

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
蒼朮(ソウジュツ)茯苓(ブクリョウ)山薬(サンヤク)人参(ニンジン)蓮肉(レンニク)山ざ子(サンザシ)沢瀉(タクシャ)陳皮(チンピ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
胃腸に負担をかける飲食は避け、また、胃腸は心配しすぎなどのストレスで傷いて、本来の機能が低下するため、情緒への負担をなるべくかけないようにしましょう。

【現場からの意見】
けいひとう

四君子湯(しくんしとう)」を基礎として、さらに消化を助ける生薬が加えられた処方です。

エネルギー不足で胃腸がうまく働かないタイプで胃腸虚弱の水様性下痢に用いられます。

特に、小児の消化不良には昔から良く用いられてきました。

さらに、病後の食欲不振や胃腸の強化にも使え、色々他の漢方薬を試しても、なかなか効かない水様性の下痢に良いことがあります。

ただ、甘草が入っており、こちらをに取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする