加味帰脾湯【かみきひとう】うつや不眠そして耳鳴りなどの神経症への効果と副作用について

加味帰脾湯

【おススメタイプ】
虚弱体質の血の巡りが悪い方の、貧血、不眠症、神経症、不安、イライラなど。

【特徴】
胃腸の調子を良くし、血の巡りを改善し、不安緊張、イライラなど抑えます。

【効果】
貧血、不眠症、神経症、食欲不振、生理不順、イライラ、のぼせなど。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
人参(ニンジン)蒼朮(ソウジュツ)茯苓(ブクリョウ)甘草(カンゾウ)生姜(ショウキョウ)大棗(タイソウ)酸棗仁(サンソウニン)竜眼(リュウガン)遠志(オンジ)当帰(トウキ)黄耆(オウギ)木香(モッコウ)柴胡(サイコ)梔子(シシ)

【アドバイス】
情緒に負担をかけすぎたり、疲労しすぎないようにしましょう。

【現場からの意見】

帰脾湯に生薬の柴胡と山梔子を加えた処方ですね。

柴胡はエネルギーの巡りを良くし、山梔子は滞った熱を鎮める効果があり、イライラや、のぼせ、ほてり、など自律神経の興奮がある方におススメです。

帰脾湯はイライラなどはないタイプにおススメです。

胃腸を強くしてくれ、エネルギーや血を増やし、精神状態も強くするといった体質改善をしてくれます。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする