潤腸湯【じゅんちょうとう】の効果や副作用に飲み方のポイントについて

潤腸湯

【おススメタイプ】
乾燥した便秘の方。コロコロ便タイプ。

【特徴】
便をやわらかくし、便秘を解消します。

【効果】
便秘症

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
大黄(ダイオウ)麻子仁(マシニン)杏仁(キョウニン)桃仁(トウニン)厚朴(コウボク)当帰(トウキ)地黄(ジオウ)黄ごん(オウゴン)枳実(キジツ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
辛い食べ物は避けたほうがいいでしょう。

【処方現場からの意見】
じゅんちょうとう
便秘の方への処方で出ます。

やや熱が強い方(熱が強いと水分が蒸発して乾燥するイメージです)に使います。

大便が通じたら、薬をやめ、長く服用はおススメできません。

また、生薬に大黄(子宮収縮作用や骨盤内臓器の血の流れよくする)や桃仁(血の流れよくする)もあり、妊娠中の方は使用しないほうが望ましくあります。(早期流産の可能性)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする