参蘇飲にはどんな効果があるのか

参蘇飲

【おススメタイプ】
胃腸虚弱な方で長引いた感冒の、頭痛、発熱、咳、悪心、胸のつかえなどの症状を伴っている場合。

【特徴】
エネルギーを補い、胃腸の調子を良くし、症状を改善します。

【効果】
感冒、せき

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
人参(ニンジン)茯苓(ブクリョウ)半夏(ハンゲ)陳皮(チンピ)葛根(カッコン)桔梗(キキョウ)枳実(キジツ)蘇葉(ソヨウ)前胡(ゼンコ)生姜(ショウキョウ)大棗(タイソウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
胃腸に負担をかけるような飲食は控えましょう。

【現場からの意見】
じんそいん
たまに長引いた風邪の方への処方を見かけます。

この漢方薬が合う方は、胃腸が虚弱で、水毒症状の悪心・嘔吐など引きおこしたり、エネルギーが少なくなっているため、水分を巡らせきれず停滞した痰や咳などを引き起こしています。

それをこの漢方薬は、エネルギーを補い、胃腸を良く働くようにし、エネルギーの巡りがよくなることで、体内に溜まった悪いエネルギーを発散し様々な症状を改善します。

さらに、痰を除き、咳を止める生薬も配合されています。

エネルギー不足の感冒にいいので、1日中声を張って、夕方あたり疲れて、ちょっと喉がいがらっぽくて咳が出る症状が出る方にはおススメです。

また、胃腸が弱い方の感冒では「香蘇散」も用いますが、「香蘇散」は風邪の初期で、少し寒気や軽いだるさなどがある時に用い、「参蘇飲」では喉や咳、胸のつかえなどがあり、やや長引いた風邪に用いられます。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする