滋陰至宝湯の効能や副作用について

滋陰至宝湯

【おススメタイプ】
体力が低下し、慢性的に咳、痰が続く人。

【特徴】
痰を切りやすくし、咳を鎮めます。また、胃腸の調子も回復させます。

【効果】
虚弱なものの慢性のせき・たん

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
香附子(コウブシ)陳皮(チンピ)柴胡(サイコ)知母(チモ)地骨皮(ジコッピ)芍薬(シャクヤク)当帰(トウキ)麦門冬(バクモンドウ)貝母(バイモ)白朮(ビャクジュツ)茯苓(ブクリョウ)甘草(カンゾウ)薄荷(ハッカ)

【アドバイス】
胃腸に負担をかける飲食は控えましょう。

【現場からの意見】
ジインシホウトウ

体力が低下し、慢性の咳や痰に用いられる漢方薬です。

痰は切れやすく、量もさほど多くありません。胃腸の調子も良くなく、食欲不振や倦怠感を伴うことも多いです。

応用として、慢性気管支炎、上気道炎などに使われ、さらに、女性の生理不順や虚弱体質で身体に痛みがある人にも良いともいわれます。

似た名前の漢方薬で、「滋陰降火湯(じいいんこうかとう)」がありますが、効果も似ているのですが、この漢方薬が合う人は、「滋陰降火湯(じいいんこうかとう)」と比べ、胃腸が弱い人向けです。

また、この漢方薬は「加味逍遙散(かみしょうようさん)」の構成生薬と7種類も共通しています。

なので、「加味逍遙散(かみしょうようさん)」を使うようなタイプの人で、呼吸器疾患を伴う場合にはおススメです。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする