胃苓湯の効能について知っておこう

胃苓湯

【おススメタイプ】
余分な水分が体に溜まりやすいタイプで、胃腸を壊し、下痢や浮腫などある人。

【特徴】
胃腸の余分な水分を水分代謝を改善することで取り除きます。

【効果】
水瀉性の下痢、嘔吐があり、口渇、尿量減少を伴う次の諸症 :食あたり、暑気あたり、冷え腹、急性胃腸炎、腹痛

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
厚朴(コウボク)蒼朮(ソウジュツ)沢瀉(タクシャ)猪苓(チョレイ)陳皮(チンピ)白朮(ビャクジュツ)茯苓(ブクリョウ)桂皮(ケイヒ)生姜(ショウキョウ)大棗(タイソウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
冷飲食は控えましょう。

【現場からの意見】
いれいとう

五苓散(ごれいさん)」と「平胃散(へいいさん)」を合わせた処方で、胃腸がうまく働かず、余分な水分がたまって、悪心・嘔吐・腹痛・下痢・むくみなど引き起こした人に用いられます。

細菌性の下痢ではなく、食あたりの下痢に用いる漢方薬で、尿量が減少したり、浮腫を伴っている場合に適しています。

急性的な下痢の場合にはよく効きます。お酒でお腹が緩くなったり、海外の食事をしてお腹が緩くなる人にもおススメです。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする