平胃散の効能について説明します

平胃散

【おススメタイプ】
消化不良や胃がチャポチャポいって水がたまったり、下痢の症状がある方。

【特徴】
胃の働きを良くし、水分代謝を改善します。

【効果】
胃がもたれて消化不良の傾向のある次の諸症:急・慢性胃カタル、胃アトニー、消化不良、食欲不振

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
蒼朮(ソウジュツ)厚朴(コウボク)陳皮(チンピ)生姜(ショウキョウ)大棗(タイソウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
お菓子などの甘いものや、果物、生野菜、清涼飲料水など、体を冷やすものの摂り過ぎに注意しましょう。

【現場からの意見】
へいいさん

平胃散は消化機能が低下し、消化不良や余分な水分が滞っているために起こる様々な疾患(悪心、嘔吐、食欲不振、胃痛、下痢など)に用いられ、消化を良くして胃腸を活発に動かしてくれる処方です。

余分な水分がたまった時には、「五苓散」も用いられたりしますが、「五苓散」の場合は、強い口渇や、水毒症状などを伴ったりします。

また、「半夏瀉心湯」は食欲不振や下痢などの点で似ていますが、慢性症状の方が多いです。

その他にも、胃腸にエネルギーを与えて、元気にするのは「六君子湯」、胃を温め、冷えや痛みを取り除くのには「安中散」がおススメです。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

また、衰弱が強い人、貧血がひどい方には症状を悪化する恐れがあり用いません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする