半夏瀉心湯【はんげしゃしんとう】は口内炎や逆流性食道炎などにどのような効果や副作用があるのか

半夏瀉心湯

【おススメタイプ】
胸がつかえて、嘔吐、下痢、口臭、口内炎などある方

【特徴】
胃腸の働きを良くし、症状を改善します。

【効果】
消化不良、胃弱、口内炎、神経性胃炎、胃下垂、胸焼けなど。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
半夏(ハンゲ)黄ごん(オウゴン)黄連(オウレン)人参(ニンジン)乾姜(カンキョウ)大棗(タイソウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
食べ過ぎや油物の取りすぎに注意しましょう。

【処方現場からの意見】
はんげしゃしんとう
みぞおちのつかえ、神経性胃炎、消化不良、下痢の方に処方をみかけます。

胃腸がうまく働かないため不調がおきているので、それを元通りに働かせることにより、症状を改善します。

また、胃腸障害からくる口臭でお悩みの方には効果が期待できます。長期服用に関しても大丈夫です。

お酒の後にお腹がゆるくなって下痢をする方は、前もってこの漢方を飲んでおくといいかもですね。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする