排膿散及湯の口コミや効能について

排膿散及湯

【おススメタイプ】
患部が痛み赤く腫れたり、または化膿している人

【特徴】
患部の赤み、腫れ、痛みを緩和し、膿を取り除きます。

【効果】
患部が発赤、腫脹して疼痛をともなった化膿症、瘍、せつ、面疔、その他せっ腫症

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
桔梗(キキョウ)枳実(キジツ)芍薬(シャクヤク)大棗(タイソウ)生姜(ショウキョウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
食事の不摂生で症状が悪化しますので注意しましょう。

【現場からの意見】
はいのうさんきゅうとう

化膿炎症の人で、勢いが強い時に用いられる漢方薬です。病院ではほとんど抗生物質を出されることが多いと思います。

応用としては,副鼻腔炎、歯槽膿漏、中耳炎、蓄膿症、乳腺炎なのにも用いられます。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

また、症状を悪化する恐れがあるため、アルドステロン症、ミオパシー(筋肉の疾患)、低カリウム血症の方へは用いることができません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする