八味地黄丸【はちみじおうがん】の効能で頻尿や糖尿病や不妊などの対応について

八味地黄丸

【おススメタイプ】
足腰の冷えがあり、むくみ、痛みがあったり、尿の出の調子が悪い方。

【特徴】
体の弱った機能に元気をつけます。特に、足腰や泌尿器などの衰えに適しています。

【効果】
疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少または多尿で時に口渇がある次の諸症: 下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ

【飲み方】
1日3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
地黄(ジオウ)山茱萸(サンシュユ)山薬(サンヤク)茯苓(ブクリョウ)沢瀉(タクシャ)牡丹皮(ボタンピ)桂皮(ケイヒ)附子(ブシ)

【アドバイス】
体の中の火力が弱まって、冷えている状態です。冷たい飲食はなるべく控えましょう。

【処方現場からの意見】
処方現場からの意見
この処方は、老化現象に伴う、排尿障害、生殖機能低下、腰痛、耳なり、認知症、骨粗しょう症などの治療薬として幅広く処方されています。

飲んだら調子がよくなった方も多くいらっしゃいます。

ただ、効果がない方、調子が悪くなった方はタイプがあっていないと考えられます。

たとえば、この漢方の適応に口渇がありますが、この漢方は体を温めますので、体の水分が不足した状態の、口渇の場合は用いません。

(鍋の水がないのに温めてばかりいる状態)水が不足した状態の、のぼせ、ほてり、寝汗、微熱などの内熱にも同じことが言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする