五積散の効能について解説します

五積散

【おススメタイプ】
貧血気味で冷えやすく、疲れやすかったり、胃腸が弱かったりし、身体痛など訴える方。

【特徴】
エネルギー・血の巡り、水分代謝を改善し、冷えや痛みを改善します。

【効果】
慢性に経過し、症状の激しくない次の諸症:胃腸炎、腰痛、神経痛、関節痛、月経痛、頭痛、冷え症、更年期障害、感冒

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
蒼朮(ソウジュツ)陳皮(チンピ)当帰(トウキ)半夏(ハンゲ)茯苓(ブクリョウ)甘草(カンゾウ)桔梗(キキョウ)枳実(キジツ)桂皮(ケイヒ)厚朴(コウボク)芍薬(シャクヤク)生姜(ショウキョウ)川きゅう(センキュウ)大棗(タイソウ)白シ(ビャクシ)麻黄(マオウ)

【アドバイス】
冷飲食は控えましょう。

【現場からの意見】
ごしゃくさん
現場での処方はあまり見かけませんが、上半身は熱くても、腰や足など下半身が冷えて痛む方に良い漢方薬です。

広範囲に使え、副作用の心配も少ないです。

五積とは、エネルギーの滞り、血の滞り、水分の滞り、冷え、食毒、の五つの病毒の塊という意味です。

これらが体内に滞っているために、上記のような様々な症状が現れてます。

この漢方薬は、血を補い、血の巡りを良くし、各臓器の働きを活発にし、五つの病毒の塊を治していきます。

胃腸系疾患(胃潰瘍など)、循環器疾患(心臓病など)、運動器系疾患(リウマチなど)、婦人科系疾患(生理痛、白帯下など)などにも応用で使われたりもします。

ただ、甘草が入っており(五積散に関しては入っている量が少ないのでそこまで心配ありませんが)、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする