越婢加朮湯【えっぴかじゅつとう】の効能やアトピー・花粉症などへの効果について

越婢加朮湯

【おススメタイプ】
水分代謝が悪くなり、浮腫やおしっこがでにくなった方。

【特徴】
体の熱や痛みを抑え、水分代謝を良くし、症状を改善します。

【効果】
浮腫、尿量減少、腎炎、湿疹、関節リウマチなど。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
麻黄(マオウ)石膏(セッコウ)白朮(ビャクジュツ)大棗(タイソウ)甘草(カンゾウ)生姜(ショウキョウ)

【アドバイス】
お酒や味の濃いものなど、胃腸への負担がかかる食事は控えましょう。

【処方現場からの意見】
えっぴかじゅつとう
湿疹・痒みの方への処方が多いでしょうか。

強い熱感を抑える効果があり、炎症を鎮めていきます。

以前、アトピーの方が楽になったと来られていました。

水分がうまく巡らないと、体内のエネルギーからできる熱を冷やすことができなくなります。

なので、熱が強くなり炎症が発生します。

この漢方は、水分をうまく巡らせ、熱を冷ます生薬も配合されていて、症状を改善していきます。

ただ、水分代謝を改善するので、バランスがとれるまで症状が改善が見られつつも、口乾が現れることもあるようです。

また、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

さらに、交感神経興奮作用(心拍数増加、発汗、血圧上昇など)がある麻黄がはいっているので、他に飲んでいるお薬などで交感神経興奮作用のあるお薬との併用に関しては慎重に用いたほうが良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする