大柴胡湯【だいさいことう】は副作用があるのか効果はどうなのかを解説します

大柴胡湯

【おススメタイプ】
体力のある方で、胸やみぞおちが強くはって苦しく、便秘がちの方。小柴胡湯証に比べ症状が激しい方へ。

【特徴】
体の炎症を抑え、胸のつかえの通りを良くし、症状を改善します。

【効果】
胆石症、黄疸、高血圧、蕁麻疹、悪心、嘔吐、食欲不振、不眠、疲労感、精力減退、逆流性食道炎など。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
柴胡(サイコ)黄ごん(オウゴン)半夏(ハンゲ)枳実(キジツ)大黄(ダイオウ)芍薬(シャクヤク)生姜(ショウキョウ)大棗(タイソウ)

【アドバイス】
情緒に負担をなるべくかけないようにしましょう。

【現場からの意見】
だいさいことう
たまに見かけますが、消化器系の疾患に使われる漢方薬です。

胸やみぞおちの張りの訴えがある方で様々な症状が出られている方に良いと思います。

この漢方薬は、エネルギーの流れを良くし、ストレスを緩和してくれ、胃腸の調子をよくしてくれます。

なので、タイプが合うと悪心、嘔吐、食欲不振、逆流性食道炎など、即効性があり、効きます。

また、あまり知られていませんが、ストレスなどで落ちた精力減退などにも効果があります。

ただ、生薬に大黄(子宮収縮作用や骨盤内臓器の血の流れよくする)が入っており、妊娠中の方は使用しないほうが望ましくあります。(早期流産の可能性)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする