大黄甘草湯【だいおうかんぞうとう】の効能や副作用そして妊娠中にも飲めるかを解説

大黄甘草湯

【おススメタイプ】
食べるとすぐ吐いたり、便秘の方。

【特徴】
熱を取り、便通をよくします。

【効果】
便秘症。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
大黄(ダイオウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
効果は早いです。効果が無ければ、刺激性の下剤に腸がなれている可能性もあります。

【処方現場からの意見】
だいおうかんぞうとう
便秘症の方に通便の基本として使用されることが多いです。

大腸刺激性の便秘薬(腸に刺激を与えて、ギュッと便を押し出すイメージ)ですので、長く使い続けると、これを飲んで刺激を受けないと便が出ないような、癖になるかもしれもしれません。

また、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

それに、生薬に大黄(子宮収縮作用や骨盤内臓器の血の流れよくする)が入っており、妊娠中の方は使用しないほうが望ましくあります。(早期流産の可能性)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする