猪苓湯【ちょれいとう】は膀胱炎・むくみ・頻尿などに効果を発揮するか

猪苓湯

【おススメタイプ】
尿量減少、口渇があり水分を欲する、イライラ、排尿困難、排尿痛、血尿、下痢など。

【特徴】
尿道の炎症や熱を取り除き、症状を改善します。

【効果】
尿量減少、排尿痛、尿道炎、尿が出にくい、残尿感、血尿、下痢など。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
猪苓(チョレイ)沢瀉(タクシャ)茯苓(ブクリョウ)阿膠(アキョウ)滑石(カッセキ)

【アドバイス】
膀胱炎時は水分をたくさん取りましょう。

【処方現場からの意見】
ちょれいとう
膀胱炎のときなどの、尿の出が悪かったり、排尿痛、残尿感などによく処方されているのを見かけます。

だいたい、5~7日分でしょうか。

おしっこの出を良くして、たまった悪い水分や、熱を取り除きます。

似たような成分のお薬で五苓散がありますが、両方とも、水分代謝がよくなり、尿量が増え、下痢や口渇が治る効果はありますが、猪苓湯は熱を取り去るのに優れ、五苓散はたまった水分を外に出すのに優れています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする