竹じょ温胆湯の効能を解説します

竹じょ温胆湯

【おススメタイプ】
体力が低下した方で、風邪やインフルエンザが長引き、咳や痰が多く、不眠の方。

【特徴】
神経の高ぶりを抑え、精神不安を楽にし、安眠をうながし、また、余分な水分が滞ってできた痰を除きます。

【効果】
インフルエンザ、風邪、肺炎などの回復期に熱が長びいたり、また平熱になっても、気分がさっぱりせず、せきや痰が多くて安眠が出来ないもの

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
竹じょ(チクジョ)半夏(ハンゲ)枳実(キジツ)麦門冬(バクモンドウ)桔梗(キキョウ)陳皮(チンピ)柴胡(サイコ)黄連(オウレン)人参(ニンジン)香附子(コウブシ)茯苓(ブクリョウ)生姜(ショウキョウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
情緒に負担をなるべくかけないようにしましょう。

【現場からの意見】
ちくじょうんたんとう

風邪やインフルエンザがこじれてすっきりせず、痰や咳で眠れないときなどに使われる漢方薬です。

胃がポチャポチャ音が鳴る方(余分な水分がたまってる)におススメです。

胃腸や肺の負担になる余分な水をとりのぞき、症状を改善します。

インフルエンザの回復期や、胸のモヤモヤ、余分な水分が胸に滞り驚きやすい、精神不安、不眠症などにも応用されています。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする