茯苓飲合半夏厚朴湯の効果や副作用について

茯苓飲合半夏厚朴湯

【おススメタイプ】
抑うつ状態で、喉の異物感や胃の膨満感の訴えがある人。

【特徴】
不安感を和らげ、胃腸の働きを良くし、水分代謝を改善します。

【効果】
気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時に動悸、めまい、嘔気、胸やけなどがあり、尿量の減少するものの次の諸症:不安神経症、神経性胃炎、つわり、溜飲、胃炎

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
半夏(ハンゲ)茯苓(ブクリョウ)蒼朮(ソウジュツ)厚朴(コウボク)人参(ニンジン)陳皮(チンピ)枳実(キジツ)蘇葉(ソヨウ)生姜(ショウキョウ)

【アドバイス】
情緒への負担をなるべくかけないようにしましょう。

【現場からの意見】
ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう

茯苓飲(ぶくりょういん)」と「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」合わせた処方です。

胃腸の水分代謝を良くし、エネルギーの巡りも改善します。

「茯苓飲(ぶくりょういん)」タイプで胃炎や胃の膨満感などある人が、喉の異物感や抑うつ、不眠、精神不安などの「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」の適応症状を伴った状態の時に用いられます。

上記以外の症状としては、めまい、動悸、悪心、胸やけ、胃のポチャポチャ音などがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする