麦門冬湯【ばくもんどうとう】の効果や妊娠中に飲めるのか即効性や効能について

麦門冬湯

【おススメタイプ】
喉がイガイガして、痰の切れにくい咳。喘息の方。

【特徴】
のどを潤し、咳をしずめます。

【効果】
咳き込み、痰が切れにくい、喉の乾燥刺激感、口乾(口の中の乾き)、口渇(喉の渇き)、嘔吐など。

【飲み方】
1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。

【成分】
麦門冬(バクモンドウ)半夏(ハンゲ)人参(ニンジン)粳米(コウベイ)大棗(タイソウ)甘草(カンゾウ)

【アドバイス】
わりかし、即効性はあると思います。

【処方現場からの意見】
ばくもんどうとう
処方では、咳の方に一番出ている処方です。

成分では大量の麦門冬を使用し、潤し、粘りを取り除いてくれます。

生薬は6種類に過ぎませんが、潤いを上手くしてくれ、上がってくる咳や、吐き気をうまく抑えてくれる配合となっています。

ただ、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(芍薬甘草湯など)との併用には注意が必要です。(甘草1日量上限目安7.5g、市販薬では5g)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする