睡眠薬の色々な種類について

睡眠薬の種類

メラトニン受容体作動薬
このお薬は、寝付かせるお薬というよりも、服用を続けるうちに、寝る時間、起きる時間の適度なリズムを整えてくれるお薬です。
自然に近い作用での眠りになるので、寝付かせる力は緩やかですが、安全性が高く、ベンゾ系、非ベンゾ系のように薬をやめられなくなるような副作用がありません。
効果が出るまで、2~4週間ほどかかることもあるので、焦らない気持ちで服用することも大切です。

【薬剤例(カッコ内は成分名)】
ロゼレム(ラメルテオン)

オレキシン受容体拮抗薬
このお薬は、覚醒作用を弱めて、脳を覚醒状態から睡眠状態へ上手に移してくれるお薬です。自然に近い本来の眠りを取り戻してくれます。
また、依存性が無く、即効性があるため使いやすいです。ただ、翌日の午前中まで眠い場合がありますが、その時は、半錠飲まれても良いかもです。
さらに、飲み始めたあたりは、悪夢を見る方もいらっしますが、一時的で、無くなりますので安心して良いと思います。

【薬剤例(カッコ内は成分名)】
ベルソムラ(スボレキサント)

バルビツール酸系睡眠薬
一番昔からある睡眠薬です。精神科の病院では処方されることがあるかもしれませんが、総合病院の横の私のところでは処方を見かけたことはありません。
眠らせる力が非常に強い反面、命にかかわる副作用を起こす可能性があります。耐性も依存性も高く、リスクも大きいのであまり出ないお薬です。

【薬剤例(カッコ内は成分名)】
ラボナ(ペントバルビタールカルシウム)
イソミタール(アモバルビタール)
バルビタール(バルビタール)
アイオナール・ナトリウム(セコバルビタールナトリウム)
 
睡眠障害を漢方薬で改善する方法>>

睡眠障害を生活習慣で改善する方法>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする