深い睡眠のための生活習慣について

良い睡眠のために生活習慣

良い睡眠をとることができるようになるには、原因を作っている生活習慣の改善がなんといっても一番大切です。
ここでは、良い睡眠の手助けになる方法をいくつか紹介していきます。
できるものがあれば、ぜひやってみて下さい。

1.神経を落ち着かせるカルシウムをしっかりとる
現代の食生活では、カルシウム不足はかなり多いといわれています。カルシウムは、神経を鎮めてくれ、睡眠へ導いてくれる働きがあります。
カルシウムは、大豆、小魚、乳製品など多く含まれています。

2.しっかりとした朝食をとる
朝食は、体と心の目覚めに重要です。

3.就寝前の喫煙やカフェイン摂取を避ける
カフェインが含まれるものには、コーヒー、紅茶、お茶、ドリンク、チョコレートなどがあります。

4.寝酒を避ける
寝酒は、寝つきは良くしますが、睡眠の質が下がり、中途覚醒など引き起こしたりします。

5.日光を浴びる
よく言われることですが、体内時計のリズムをつけることができるので、朝に10分くらい浴びれたら良いです。

6.ぬるめのお湯にゆっくりつかる
1日の疲れをゆっくり取り、神経の高ぶりを鎮めてくれますので、リラックスすることができます。

7.適度な運動を行う
体の血行を良くし、睡眠を促進します。ストレッチなどもいいです。

8.リラックスを心がける
音楽を聴いたり、アロマをたいたり、リラックスすると睡眠へ誘われやすくなります。

9.夜更かしは避ける
夜更かしは、体内時計を狂わせ、睡眠を悪くします。

10.必要な睡眠は人それぞれなので、昼間の眠気で困らない睡眠時間の確保を行う
年齢や季節に応じて、必要な睡眠時間は人それぞれ違うので自分にあった感覚を身につけましょう。

11.眠ろうとする意気込みがあるときは、遅寝、早起き
眠ろうとする意気込みがあると、頭が冴え、寝つきが悪くなります。そんな時、眠くなって眠る遅寝早起きのほうが眠りが深くなります。

12.環境を整える
落ち着くカーテンをしたり、部屋の照明を暗くしたり、睡眠に誘われやすい適した環境づくりが大切です。

13.就寝前のパソコン、ゲーム、テレビ、スマートフォンなど避ける
興奮してしまうので、リラックスから遠ざかり、睡眠へ誘われにくくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする